YouTubeの広告多すぎ!アプリ内の広告を消して快適に動画を見よう!

※アプリのリンク切れを修正しました。

皆さんはYouTubeを見ますか?

私、豆吾郎はかなりのヘビーユーザー。 YouTuber大好き。面白いですよね。

ただ1つ不満が・・・!

広告めちゃくちゃ多くない!?

動画の横などに表示されるバナー広告であれば全然問題ない・・・。

ただし、動画が始まる前に表示されたり、動画再生中に表示される動画広告。

テメーはだめだ。

広告見なかったらYouTuberにも収益が入らないのは分かるけど、こちとら無駄な時間は過ごしたくないんじゃ!!!!

という訳で本日はそんなウザったい広告を非表示にしてYouTubeを楽しむ方法をご紹介します!

現状のYouTube広告非表示の対応状況について

2019年5月現在、Appleの方針によりアプリ内広告の非表示を出来なくするような仕組みが導入されているようで、一部アプリをダウンロードしても反映されない場合があります。

何でも良いから確実に広告を非表示にして動画を見たい!!という方は次の項目の

とにかくスマホで広告を非表示にしてYouTubeが見たい!】が一番ベストです!

iPhone,Android双方に対応しており、アプリを入れたり、設定したい等ややこしいことをしなくてもいいので!

とにかくスマホで広告を非表示にしてYouTubeが見たい!

以下の「listen on repeat」というサイトを使用しましょう!!

参考 listen on repeatlisten on repeat

元々音楽をリピート再生して、作業用BGMにしようというサイトなのですが、このサイトから動画を読み込むと、なんと自動的に広告が非表示になり、動画を読み込むことが出来ます!

もちろんiPhoneもAndroidも対応! アプリとかややこしいことしたくない!という方は、まずはこのサイトを使用するのが良いかと思います。

広告を表示しない方法スマホ(iPhone)版

設定が面倒!という方は有料アプリ「BlockTube」を使おう!

YouTubeブラウザアプリ。 YouTubeの公式アプリ同様に登録チャンネルや、検索、急上昇など見ることが出来、非常に使い勝手が良いです!

120円で買い切りなので、面倒なことがしたくない!とにかく手っ取り早く広告をブロックしたい!という方は、このアプリを購入するのがオススメです。

広告ブロックfor YouTube-動画広告ブロックチューブ

広告ブロックfor YouTube-動画広告ブロックチューブ

daisuke yamaguchi¥120posted withアプリーチ

無料アプリ「DNSCloak」で広告をブロック

設定方法が少し複雑ですが、このアプリと今回ご紹介する設定を行えばほぼ全ての広告をブロック出来ます。

1.まずはiPhoneの設定アプリを起動し、一番上に表示されるアカウントを選択。

2.iCloudを選択。

3.iCloud Driveの項目をONにする。(スライダーが画像のように緑色になっていればok)

4.以下より無料アプリ「DNS Cloak」をダウンロード

DNSCloak • Secure DNS client

DNSCloak • Secure DNS client

Center for the Cultivation of Technology gemeinnützige GmbH無料posted withアプリーチ

 

5.以下より無料アプリ「ショートカット」をダウンロード

ショートカット

ショートカット

Apple無料posted withアプリーチ

 

6.以下のリンクをタップし、safariで開く。

iOS12未満はこちら 参考 DNSCloak HelperDNSCloak Helper iOS12以上はこちら 参考 DNSCloak HelperDNSCloak Helper

7.以下の画面が表示されるので「ショートカットを取得」を選択。

 

8.通知の許可・非許可画面が出てくるので「許可」する。(通知を利用する為、必ず許可する。)

9.表示されている「DNSCloak Helper」のアイコンをタップし、「定義ファイルの更新」を選択。

完了すると以下のポップアップが表示されればOK。

10.ダウンロードしておいたアプリ「DNSCloak」を起動し、左上メニュー「」をタップ。

11.表示されたページの下部「Blacklist&Whitelist」を選択し、「Pick Blacklist dile…」を選択。

12.下部に表示されたポップアップ内の「ブラウズ」を選択。

13.画面の下部に表示された「ブラウズ」を選択すると、画面に「Shortcuts」が表示されるので選択し、「Blacklist」が表示されるまでタップして画面を進める。

14.画面左上の「<」を選択し、TOPページに戻る。

 

15.検索窓に「Google」と入力もしくは、「Google」という項目を見つけるまで下にスライドする。

16.「Google」をタップし、画面に表示される「Use this sever」をタップ。

17.表示されたポップアップの「Allow」を選択。

 

18.アプリの上部にある「▶」ボタンをタップすれば完了!

これを行うことで大抵のアプリ内の広告をブロックすることが出来ます。

また、YouTubeアプリでの動画再生もこれでブロック可能ですが、たまにブロック漏れで表示されることがあります。

Safariで広告をブロックする無料アプリ「Adblock Plus」

どーしても!!!どーしても!!!変なアプリは信用できない!怖い!という方はこちらのアプリ。

こちらのアプリはsafariのみでしか広告をブロックする事が出来ません。 YouTubeアプリではなく、safariで動画を見る方にはオススメです。

設定方法は以下。 まずは以下のアプリをダウンロード。

Adblock Plus (ABP): Remove ads, Browse faster without tracking

Adblock Plus (ABP): Remove ads, Browse faster without tracking
開発元:Eyeo GmbH
無料
posted with アプリーチ

 

そしてiPhoneの『設定』アプリを起動し、『safari』を選択

f:id:mamegoro:20171102141333p:plain

 

 

『コンテンツブロッカー』を選択

f:id:mamegoro:20171102141317p:plain

『AdblockPlus』の項目をオンにすればOK

f:id:mamegoro:20171102141324p:plain

これでsafariでブラウジングすると広告が非表示になります。

ただやはり最近はアプリ内で広告が多々表示されるものが多いため、基本的には先にご紹介したアプリをオススメします。

広告を表示しない方法PC版

chromeの場合

上記Extension『Adblock Plus』をインストールするのみ。 これをインストールするだけでYouTubeやその他サイトで広告が非表示になります。 画面の上部に広告を表示するかしないか選択できるアイコンも出てくるので、もしこのページでは広告をだしたい!という方は、個別で表示する事も可能です。 ちなみに豆ゴロは参考サイトや、自分のブログなどはどのように表示されているのか確認をする為に広告をオンにしています。

Firefoxの場合

chromeと同様に、上記アドオン「Adblock Plus」をインストールするのみ。 これをインストールするだけでYouTubeやその他サイトで広告が非表示になります。

広告で無駄にしている時間を計算してみた

例えば15分の動画の場合。 冒頭の30秒。5分後に30秒、10分後に30秒。1動画で1分30秒もロスする訳よ。

それを1日に朝1回、昼1回、晩2回見るとすると・・・。

1日で6分。 1週間で42分。 1ヵ月で2.8時間。 半年で16.8時間。 1年で33.6時間。 10年で14日。 (※広告スキップしなかった場合かつ、動画広告が30秒だった場合。)

見たくもない、興味もない広告見るのって時間が勿体なくない!?

1年間で1日以上広告を見ている事になるわけよ!! めっちゃくちゃ無駄じゃない!?

YouTubeの広告をブロックする方法総括

ぶっちゃけ豆ゴロはアドセンスを貼ってるブロガーとしても、広告を出稿している担当者として広告を表示してクリックして欲しいから、広告をブロックするのについては思うことはある。

ただ!いちWEB使用者としては広告って邪魔でしかない!!

別に15秒ぐらい変わらないわ・・・って思っている人も今一度よく考えたほうが良いと思うよ!!

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。